【ノマド生活】パソコン一つでできる仕事4つ紹介【オフィスで働かない】

どもども!まっと(@matt_922w)です!

毎日好きな時間に起きて好きな時間に仕事をする。会社に勤めず、満員電車で悩むことなく場所に縛られない働き方に興味がある人。そのような生活は可能です。

オフィスを持たない働き方のことをノマド(no-mad)と言いテクノロジーの発達した今では複数の方法でノマドになりことが可能です。

また日本では副業が解禁したこともあり、多くの人が会社員として働きながら日々ノマドになるために準備を進めていることでしょう。

今回は自分が知っているなかでノマドになれる方法を4つ紹介します。どれもスキルが必要ですが、真剣に取り組めば十分にノマドライフを送れるようになります。

ノマドは場所を選びません。海外でも働くことができれば素敵ではないでしょうか?ノマドになりたい人はこの記事をよみ、早速ノマドライフへの道を歩みましょう。

どれもパソコン1つあればできます。スマホからできるものもありますが、パソコンの方が取り組みやすいかと思います。

ブログ(アフィリエイトを含む)

一つ目はブログです。今あなたがみているこの記事もその1つ。ブログの特徴はストック性があるということ。

ストック性というのは「一度作ればずっと残るもの。」ブログの記事を一度書くと消さない限り永続的に残ります。読み手が求めている記事をたくさん書くことでブログを収益化する方法があります。

ブログでお金を稼ぐには大まかに分けて三つの方法があります。それらは

「アドセンス」、「アフィリエイト」、「自分の商品を売る」です。

アドセンスで稼ぐ

アドセンスというのはブログを書いているとでてくる広告のことです。有名なのはGoogleが提供するGoogle Adsense(グーグルアドセンス)というもので、自分のブログを読みにきてくれた人に対してGoogleが自動で最適化された広告を貼ってくれるというものです。

表示された広告をユーザーがクリックすることで報酬が発生する仕組みになっています。単価が低いですが、たくさんの訪問者がいればそのぶん収入があがるようになっています。

書いているブログのジャンルなどによっても前後しますが多くのブログで使われている手法です。

アフィリエイトで稼ぐ

こちらはアドセンスとは違い、記事を書いている人がどんな商品を売るのかを決めることができます。アフィリエイトを簡単に説明すると、集客のあるブロガー(アフィリエイターともいう)がおすすめの商品や、サービスを紹介し、その記事を通じて登録者がいるとそこから収入が発生するという仕組みです。

アドセンスよりも難易度はあがりますが、それぞれの単価が高いので大きな収益化が望めます。しかしその分競争も高いのでしっかりと準備をして戦略をもって挑まないと消耗してしまう方法でもあります。

多くのひとはアフィリエイトとアドセンスの両方を使っています。アフィリエイトの知識はネットでいくらでも転がっているので興味があるひとがググってみてください。

自分の商品を売る

ブログをやっているなら検討したいのが「自分で商品を作ること」です。

アドセンスは単価が低いし、アフィリエイトは競争が激しいジャンルですが、自分で商品を作ってしまえば競争がありません。もちろん商品を売るためにはセールスライティングや、文章構成などのスキルが必要ですが、自分が持つ商品を自由に販売できるのは大きな強みです。

自分の商品といいましたが具体例をだすと

  • 自作のシャツ
  • Webサービス(アプリなども含む)
  • 有料Noteやノウハウ
  • コンサル

があります。自分に合うものを選ぶことで大きな収益が見込める部分でもあります。商品を作るには時間や労力がかかりますが、アイデア次第で利益率の高い商品を作ることもできるので何かスキルを持っているならば検討したい部分です。

YouTube

2つ目のノマドになるアイデアとしては小学生のなりたい職業で一位をとったこともあるYouTube。YouTuberというYouTubeに動画を投稿することが職業の人たちがいます。

動画業界というのは拡大しており、2020年には今よりももっと早い5G回線が普及するとさらに動画サービスが拡大すると言われています。多くの人が注目しているジャンルでもあり、ビジネスとして考えても作戦次第では大きく伸びる可能性を持っています。 

顔を出すことに抵抗がある人でも、スライドや音声をメインにしたコンテンツも数多くあるのでやり方次第でまだまだ参入できる余地があります。

私はYouTubeをしていませんが、近いうちにまず試しにいくつか動画を上げていこうと思っているのでお待ちいただけると幸いです。動画をあげればここにリンクを貼るのでよければみてください。

旅の様子を動画としてあげたり、持っているスキルをわかりやすく動画にすることで登録者を増やし、収益化が可能になります。また登録者が増えると単価の高い企業からのPR案件をとることも可能になります。

動画編集もスキルとして強い

YouTubeが伸びるとすれば同時に伸びると言われているのが動画編集。昔はYouTuberが自分でやっていましたが、最近では動画をとって編集を外注する人が増えているようです。

今のうちにPremier ProやFinal Cut Proなどを勉強して、動画編集スキルを高めることでノマドになることも可能です。

スキルだけあっても案件を受注するのは難しいので営業をする必要がありますがその方法についてはこちらにてまとめました。

プログラミング

プログラミングを勉強すればノマドになれる可能性は高いです。私もブログを書いていますがWeb制作を本業としています。企業や知り合いなどからホームページ作成の依頼を受注してそれをこなすことで生活しています。

プログラミングは日本では2020年から必修化する背景からもわかるように需要が高く、これからも伸びていく部分です。しっかりと勉強すれば短期間で結果をだすことの可能な費用対効果がたかいジャンルですので時間のある大学生にはおすすめです。

自分も初案件を獲得したのは勉強を開始してから3ヶ月ほどでした。

もし会社や自分のサイトを作りたいと検討している方はこちらの問い合わせフォームから問い合わせ願います。要望に応じて柔軟な費用対応させていただきます。また営業パートナーも募集(紹介で案件確定の金額の15%ほどお渡しします)しています。

プログラミングは言語により習得難易度が変わりますが、自分のようなWeb系であれば難易度が低いのとパソコン一つで場所を選ばないのでノマドライフを経験したいならおすすめです。

コンサルティング業(上記3つの上位互換)

コンサルティングもオフィスを持たずにできる職業の一つです。何かの分野において強い理解やスキルがあるとその部分のノウハウなどを他の人に教えることを仕事にできます。

もとから持っている知識に加えてマーケティング的な思考も必要なので簡単ではないですが知識をお金に変えることのできる職種です。

コンサルティングでノマドは経験のない時点では最初から狙うのではなく、ブログや、Web制作などでしっかりと経験を積んだのちに始めるといいかもしれません。人に何かを教えるためには実績がないと人はあなたに依頼してくれません。

まずは最初に紹介した3つの方法等を実践し、実績を積んだのちにそこで培ったノウハウを駆使しコンサルティング業をするのが現実的かと思います。

ノマドはシンプル、だが簡単ではない

「パソコン一つで仕事ができる」というと響きは良いと思います。ですが多くのひとが同じような生き方に憧れ挑戦し、撤退している分野でもあるということを理解しておくべきです。

やることはスキルを高めながら仕事をこなしていくだけ。とてもシンプルです。どれをやるにも最初は収益のない不安な時期があることを知っておきましょう。決して簡単ではないからこそ価値があります。

実際自分は3ヶ月ほど海外ノマドを経験したときにこのことを強く実感しました。誰でもノマドを始めることはできますがスキルがなければ生き残れない世界です。

ですが今回紹介した4つの方法で独立し、ノマドになっている人がいるのは事実なのでしっかりと時間をとりやることをコツコツと積み重ねていけばきっと絶対成果はでます。

私たちは一生学び続けることができます。スキルを少しずつ蓄えて理想の生活スタイルを手に入れましょう。

ツイッター(@matt_922w)で海外生活やノマド生活について呟いてるのでよければどうぞ。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です