SEO世界トップから学ぶGoogleサーチエンジン対策

どもども!まっと(@matt_922w)です!

ブログやメディアを運営しているならばおそらく聞いたことがあるであろう

Search Engine Optimazation 別名SEO対策。

人間にとってだけでなく、グーグルに対しても論理的でわかりやすい記事構成を作ることで検索順位を上げる方法ですがどれほど理解しているのでしょうか?

実際グーグルは判断基準を全て公開しているわけではないので全てが完璧という訳ではないのですが連日世界中の優秀な方達がSEOを少しでも理解する為に色々な策を試しています。

僕自身もメタタグであったり、写真を入れたり見出しを入れたりする最低限のSEO対策は行なっていますが、まだまだ改善できる点はたくさんあるのを感じています。今回はそんなSEOの権威であるNeil Patelさんという方がサイトで提供している約40ページのPDFの資料があるのですがそれを読んだ中で役にたちそうなものを3つほどまとめておきたいと思います。

PDF資料が読みたい方はNeil Patelさんのサイトに行き無料登録を済ませばもらえるのでぜひ。めちゃくちゃ使えそうなSEOツールなども紹介していて無料とは思えないほどのコンテンツでしたのでおすすめです。(英語で書かれています)

Neil Patelとは

さきほどSEOの権威であると言いましたが知らない人のためにNeilさんを簡単に紹介しておきます。

Neil PatelさんはSEOに関する広告会社を経営する方で、出版した本はNYタイムズのもっとも売れた本のひとつになっています。オバマ元大統領が選んだ30歳以下でもっとも優秀な起業家100人の中にも選ばれているそうです。

また自身が運営するメディア(ブログ)では「SEO」や「Online Marketing」などの単語で検索順位1位をとっているほどの実力者です。PV数とかどれくらいなのか気になりますね笑

そんなSEOのエキスパートが提供するSEOについてのレポートが無料で手に入るなんて便利な時代になりました。全て英語で書かれていたのですが要点だけまとめておきます。

SEO戦略1:自分が戦えるブルーオーシャンを見つける

SEO対策において指標の一つに内部リンクがどれだけあるのかが関わってきます。だからこそ自分にとってのブルーオーシャンを見つける。実際には「Find a shoulder niche」と書かれているのですが書いてあることを要約すると、「自分がもっている知識の中で読み手を満足させられるような情報をたくさん持っているフィールド 」を見つけるということです。

英語ではniche(意味:適所)と言いますが、自分が情報をたくさん持っていて他の人よりもたくさん情報や熱意をもっている分野でないと生き残れないということですね。

また同じような記事をかくライバルや関連ワードなどをしっかりと包括することでたくさんの内部リンクをもらうことになるというわけですね。キーワード選定や検索ボリュームをしっかりと調べることが重要になってきます。

無料でもらえるPDFにはライバルからリンクを奪う方法なんかも書いていて面白かったです。(もちろん正攻法です。)

嬉しいことに自分には結果を出しているブロガーやアフィリエイターの知り合いがいますが彼らの多くが

「記事を書くよりもリサーチ時点で勝負が決まる」と言っているのでやはり、自分が熱意をもって取りかかれるギャンルを選ぶのが重要になってきますね。

SEO戦略2:音声検索に備える

音声検索、英語では「Voice Searching」と言いますがNeilさんによると、ミレニアム世代とも言われる20代ー30代ほどの若い世代の多くは検索をするときに音声検索を使う人が増えているそうです。ある研究によると2020年までに半数以上の人が音声検索を使用するというものもあるようです。

今よりもっと需要が高まるこれからにおいてはSEOよりもVSO(Voice Search Optimization)を意識してみるのも重要になってきますね。

音声検索にたいする対策方法についてはまだ情報があまりないですが、今のうちから早めに対策を進めておけば後に役にたつので自分も何か情報があれば共有していきます。

また音声と同じか、それ以上に動画コンテンツに対する需要も高まっているので動画対策も今後は必要になってくるでしょう。

YouTubeはGoogleに買収されているのでこれからも突然消えるということはないでしょう。最大規模の動画プラットホームであるYouTubeをうまく活用することでSEOにも強くなるでしょう

SEO戦略3:Featured Snippetsに載れる記事を書く

こちらは少しレベルの高い話ですが、記事を検索しているとたまにでてくる、記事をクリックすることなく情報が簡単にわかるようになっている記事のことをFeatured Snippetsと呼ぶそうです。

例としてGoogleにて「SEO」と検索してみるとこのようなFeatured Snipedが出てきました。

ここに載るということは Googleが認めたということであると同時にかなりのPV流入が見込めるそうです。自分はまだないので調べることはできませんが、Neilさんはここに載れるような記事を書くことを意識するべきと言っています。

Featured Snippets(FS)に選ばれるためには

  • わかりやすい図解
  • 短くて理解しやすいまとめ
  • キーワードが入ったタイトル

が必要となります。また全ての検索で表示されるわけではなく、今の時点で多いのは

  • 料理レシピ
  • グラフや表関係(長さの単位変換など)
  • 画像と文章
  • 動画

に関するものだと比較的FSに選ばれるようです。

ここに動画が出てくるようにこれからは動画コンテンツも充実させていかないと生き残ることは難しいのかもしれませんね。

結論:トレンドを読み今のうちから行動を

今回は海外のSEO界隈では知らない人はいないであろうNeil Patelさんのブログから得られた世界トップが考えるこれからのSEO戦略に対する考え方を簡単にまとめてみました。

彼は他にもいろいろとSEOに役立つ情報をYouTubeなどでも発信しているので気になる人はぜひ一度確認してみてください。

英語ですが世界最先端の情報を無料で得ることができます。またこれからはGoogleもさらに賢くなり、記事の量ではなく、質が求められるそうです。

先発組ならともかく、僕らのような後発組が戦うためにはしっかりとトレンドを読み、流れにあわせた動き方をしていく必要があります。

動画や音声検索、そしてFeatured Snippetsなどのトレンドを紹介しましたがどれが自分のブログに適応できるのかを考えてみるのもいいかもしれませんね!

もっと詳しくSEOについて学びたい場合はアメリカに住むシンヤさん(@wizard_of_seo)さんのSEOブログを読めばより理解が深まると思います。アメリカで学ばれた最新のSEOの情報が学べます。

それでは!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です