【在宅可能】副業・フリーランス駆け出しはCrowdWorksからスタートするべき理由

どもども!まっと(@matt_922w)です!

副業解禁。この言葉を聞いたことがあるひとは多いと思います。

これからは会社員であっても、業務時間外ではブログや、Youtubeなどを副業として複数の収入源を作ることが可能になりました。

フリーランスという言葉の認知度も高まり、会社に勤めず個人として仕事をする形もどんどんと一般化してきました。

自分自身も2019年からフリーランスエンジニアとして独立し、世界を旅しながら仕事をしています。

独立を考えた際に心配なことの一つが「仕事をどこから取ってくればいいのか分からない」だと思います。

この記事では独立したて、またはこれから独立しようと考えている人にむけて一番最初の案件獲得をするためにCrowdWorksを使うのがおすすめ!という話をします。

https://matto.site/wp-content/uploads/2019/04/worryface.png
独立を考えている人

フリーランスになって個人の力で仕事をしていきたいけどどうすればいいか分からない

といった人には読んでいただきたいです。

まだCrowdWorksへの登録が終わっていない場合はこちらより登録できます。

CrowdWorksに登録する

最初は案件が集まる場所にいくのが最適解

CrowdWorks(クラウドワークス)というのは簡単に説明すると仕事を探している人と、仕事を外注したいと考えている人を繋ぐマッチングサイトです。

経験も浅く、仕事をとりたいならばまず最初は案件や仕事がたくさんある場所にいくべきです。

最初から直営業や、友人を通じて案件をこなすという方法もありますが、相場感や、仕事の流れなどをこなすためにもある程度のルールが存在するCrowdWorksがおすすめです。

クラウドワークス上には日々、何千、何万単位の案件の募集が転がっているのでそこで初案件を取るのが一番効率がいいと思います。実際に自分が最初の案件をとったのもここからでした。その時の様子はこちらで書きました。

参考

プログミラング初心者から案件獲得方法【文系大学生でもできた体験談】

実際に募集をみてみるとわかりますが多くの案件募集があることを確認できると思います。試しに「LP(ランディングページ」で検索してみました。

LP案件だけでも15000以上!

カテゴリー別にも分けられており、エンジニア職だけではなく、ライターや、デザイン。アンケートに答えるだけでも収入をもらえるものまで存在します。

アンケートに答えるだけのものでもある程度の小遣い程度にはなります。

CrowdWorksは駆け出しにぴったり

最初に仕事を獲得するためにクラウドワークスをおすすめする理由としては案件がたくさんある場所以外にも、契約のしやすさが挙げられます。

経験もない時期だとお金周りの契約に対して抵抗があると思いますが、クラウドワークスを使用すれば簡単に契約することができます。

手数料が発生しますが、最初のうちはお金周りは難しいと感じるならばスキルと実績あげると割り切りクラウドワークスをつかってみれば実務に集中することができます。

駆け出しの時期は全てを自分でやらないといけないので仕事以外にもすることがたくさんあるのですが、最初のうちは使えるものは使って自分の時間をしっかりと捻出しましょう。

一番成長するのは自分で勉強している時ではなく、実際に案件をこなしていく中です。

最初は尻込みしてしまうかもしれませんがどんどんと実践のなかで力をつけましょう。

周りと差をつけて案件を獲得

クラウドワークスには案件がたくさん転がっていますが、その分競争も生まれます。

数多くのライバルの中でしっかりと結果をだすためにできることを二つほど紹介します。

提案文のコピペは禁止(相手が求める情報を与える)

案件を獲得するには提案文が肝になります。逆にいうと提案文さえしっかりできれば案件を取ることも可能と言っても過言ではありません。

クライアントが依頼者を探す時に最初にみるのが提案文です。

人間の第一印象は最初の3秒で決まるといいます。

提案文も同様で相手が最初にみる部分なのでしっかりとした提案を心がけましょう。コピペのような手抜きでは相手にも届きません。

もちろんコピペも数を打てば反応がありますが消耗戦になるのでおすすめはしません。

しっかりとクライアントのことを調べ、相手が求めている情報を的確に提供することができれば、実績がなくとも案件を獲得することができるでしょう。

まるごとコピペはダメですが、似たような案件提案の一部を変えるなどするのはいいと思います。

プロフィールをしっかりと作りこむ

提案文を確認し、興味をもったクライアントが次に確認するのがプロフィールです。

ここで手を抜いたプロフィール文だと提案が通る可能性は低いでしょう。

クラウドワークスなどのネット上での仕事のやりとりでは相手を信頼できるかどうかがもっとも重要になります。

プロフィールもしっかり作っておけば信頼にも繋がりますし、ここでも相手の求める情報をうまく提供することで案件獲得に繋がります。

ここで紹介した以外の営業についての考え方はこちらでまとめました。

参考

営業スキルをあげて成約率を爆上げするためのマインドセット

千里の道も一歩から

フリーランス、副業どちらをとっても最初は素人からのスタート。今結果を出している人も最初は初心者の時期がありました。

何もない状態から始めなくてはいけない分、最初はやることがたくさんです。

クラウドワークスを使えば一番最初のハードルである「案件獲得」が容易になります。

まず最初は仕事をとることを優先しましょう。数をこなすことでのみ実力がつきます。

クラウドワークスを使ってフリーランスや副業の一歩目を踏み出せればと願っています。

登録がまだの人はこちらから。もちろん無料です。

CrowdWorksに登録する

クラウドワークスにはエンジニア系に特化した「Crowdtech」(クラウドテック)という新サービスもあるので一緒に登録しておくと案件がとれる可能性アップで。



クラウドテックに登録する

ツイッター(@matt_922w)で海外生活やノマド生活について呟いてるのでよければどうぞ。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です